読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピストの日常

リラクゼーションサロンで働く、一セラピストの雑文です。

セラピストになった理由

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!
業務委託セラピスト向けのセミナー、
2017年4月6日(木)、大阪市中崎町にて開催決定!
参加者募集中です^ ^

詳しくは下記エントリーをお読みください。
⑴業務委託セラピストのいろは http://tomoe283.hatenablog.com/entry/2017/03/07/132809

⑵セラピストの確定申告

http://tomoe283.hatenablog.com/entry/2017/03/07/140627

 

リラクゼーション業界で働くと決意するのは、

なかなか勇気がいることかも知れません。
「セラピスト」と一括りにしてしまっても、
たくさん種類があります。
もみほぐしをするのか?
アロマをするのか?
リフレクソロジーをするのか?
などなど。
 
しかし、共通していることは
「お客様の身体を触る」ということ。
これってすごく勇気がいることではないでしょうか。
一般的なお仕事とはまた違って、
リラクゼーション業そのものの実情(仕事内容など)が掴めない、というのも踏み出すのに勇気がいる理由かもしれません。
 
私も実際、アロマのスクールに通っている時(10年ほど前)は、
自分の身体や心のメンテナンスをすることを目的に通っていました。
実際に人の身体に触れて、お金をもらうなんてとてもじゃないけど出来ない!
と思っていました。
 
ではそんな私がなぜこの仕事を選んだのか。
様々な理由がありますが、
大きな理由とすれば、
「毎日色々な方に出会い、色々な方の役にたてる。
そんな仕事ってすごく素晴らしいのではないか?」
と思い至ったことです。
 
それぞれの仕事ひとつひとつに魅力、やりがいは必ずあると思います。
今貴方が従事されてるお仕事にも必ずある。
でも私は性格上、自分が少しでも好きなことでなければ続けられない。
そこで、色んな職業をあげ、
自分に合っているのかどうか、
自分に続けられるかどうかを考えた時、
「セラピスト」という職業が頭に浮かびました。
 
セラピストにはセラピストの数だけ、
この仕事に就いた理由があると思います。
みなさん、とても素敵な想いでこの仕事をされています。
続けるか続けないか(続けられるか続けられないか)という選択は本当にそれぞれですが、
私自身はいつまでも初心を忘れないように……
と思いつつ、仕事に励んでいます^ ^