セラピストの日常

リラクゼーションサロンで働く、一セラピストの雑文です。

セラピストおすすめ書籍①

いつもブログをお読みいただきありがとうございます!
今回はオススメの本をご紹介させていただきます^ ^
最近ではセラピスト向けの書籍や、様々なトリートメントに対応する書籍・DVDが販売させるようになりました。
ただなかなか実店舗に在庫がないことも多く、本を選ぶのに迷われる方も多いかと思います。
あくまで私目線ではありますが、ご紹介させていただきたいと思います^ ^
※以前書いたものを再編集させていただきました^ ^

<これからセラピストを始められる方、もしくはまだ初めて歴が浅い方向け>

  • 『感じてわかる! セラピストのための解剖生理 カラダの見かた、読みかた、触りかた』


こちらは、イラストつきで、とてもわかりやすくまとめられている本です^ ^
未経験の方や初心者の方には身体の知識の導入的な本としてとてもわかりやすく、実践しやすい内容かと思います。
ある程度知識のある方や経験者の方には、物足りない内容かと思われますが、再確認したい場合などには端的に役立つ内容になってると思います^ ^




こちらはリンパについて詳しく書かれている本です^ ^
私は、リンパについてなかなかうまく自分の中に落とし入れることができなかった時にこの本を読みました!
技術についてはそれぞれのやり方があると思いますが、参考になるような知識もたくさん書かれてありますので、挙げさせていただきました^ ^
なかなか理解しにくいリンパについてが、非常にわかりやすく書かれています!

どちらも比較的手に入りやすいお値段です^ ^

<詳しく身体の筋肉について知りたい方向け>

  • 『ボディ・ナビゲーション―触ってわかる身体解剖』



専門書です。
かなり詳しく、細かい筋肉まで網羅されています!
触診の仕方なども書かれていますので、分かりにくい筋肉も体感することができます^ ^
特に、「パートナーを使って触診する方法」が書かれてありますので、セラピストとしてお客様の身体に触れることを考えると、とても実用的な書籍です。
ただ翻訳書ですので、若干文章が読みにくい、という点と、やや値段が張るという点がデメリットでしょうか。
一冊あれば、とってもお得な本だと私は思います!

<ある程度キャリアを積まれた方向け>

  • 『現代に求められるセラピストになるためのガイダンス 即実行! オンリーワンのセラピストになる!』




文章中には、これからセラピストの道を歩む方への内容も書かれていますが、
私が読んだ印象では、ある程度自分のキャリアを見つめ直す時に読まれるのがベストかなぁと思います。
セラピストとしてキャリアを積めば積むほど、自分の方向性については悩んできます。
自分のキャリアやこれからの方向性などを考える時点で参考にすると頭に入ってきやすい書籍だと感じました^ ^

ほんの数冊ですが、ご紹介させていただきました!
今回は、実技や細かい専門的な知識に重きを置いた本ではなく、
セラピスト全般の方にオススメの本を選んでみました^ ^
参考になれば幸いです!


月と六ペンス
http://tsukito6pens.jimdo.com/

セラピスト、進路に迷い中。

いつもお読みいただき、ありがとうございます^ ^

繁忙期を迎えたサロンも多いのではないでしょうか?

大変厳しい気候ですので、セラピストの皆様も体調を崩されないように、いつも以上にケアしてくださいね^ ^

 

さて、私は現在三つの勤務先に勤めている、掛け持ちをしているセラピストです。

セラピスト全体で見ると、何らかの形で掛け持ちで働いていらっしゃる方は相当数いらっしゃいます。

実は開業されて、ご自身でサロンをされている方でも、空いた時間は他のサロンで働いていたり、違う業態でところで働いていらっしゃったり、という方も多くいらっしゃいます。

何だか不思議ですよね(^^;;

私自身、様々な理由で、掛け持ちになってしまったのですが、

一つのところで腰を据えて働きたいというのが本音です(^^;;

しかも三ヶ所で働いているということもあって、シフト調整だったり、出勤時間だったり、休みの日数だったり、なかなか調節するのが難しく、体力的にも精神的にも参ってきました(^^;;

お客様を癒すお仕事なのに、これではなかなか施術に集中できません。

ですので、「新たにレギュラーで働けるところを!」と思って探してみても……

なかなか自身の希望にマッチするところも見つかりません(^^;;

求人を見ていると、以前に比べると、程よい条件のお店が少なくなってきたように感じます。

何を程よい条件と考えるかは、それぞれだとは思いますが、

経験が増すにつれて、業界の色んなことや店舗の色んな所が見えてきます。

求人を見ただけで、なんとなーく予想できるというか、どんなところか分かってしまうことも多いです。

そうなると自分に合うお店を見つけようと思っても、マッチする店舗は少なくなってきます。

大手の求人サイト以外でも、ネットで「セラピスト 求人」と検索をすれば膨大な数の求人を見つけることができるのですが(それだけどのお店も人手不足だと言えますね。)、

数年前と比べると、だんだんと条件も悪くなっているような気がします。

これではセラピストの数も減ってしまいますね(^^;;

先日、年齢も30歳を迎えて色々と進路を考えてしまう、今日この頃です。

 

月と六ペンス

http://tsukito6pens.jimdo.com/

 

リラクゼーション業界の実は11<人手不足>

いつもお読みいただきありがとうございます^ ^

大変暑い日が続いておりますね(^^;;

そろそろ繁忙期を迎えるリラクゼーション業界。

今回はリラクゼーション業界全体の「人手不足」について書きたいと思います。

 

慢性的な人手不足

実はリラクゼーション業界全体として、以前から大変な人手不足が続いています。

だいたいどこのお店も、スタッフ数が足りていません(^^;;

色々な人から話を聞くと、整骨院なども慢性的な人手不足だそうです。

人手不足が続くとどういうことになるかと言うと、既存のスタッフにかかる負担が増えたり、お客様を逃すことが多くなってきます。

そうなると全体として売上が落ち、スタッフ数が少ないことからお断りすることも多くなり、常連のお客様も遠のき、さらに売上が落ちていくという悪循環に陥ったり、

さらには既存のスタッフも負担が続き、やむなく退職する、というケースも増えてきます。

 

人手不足の原因⑴店舗数の多さ

リラクゼーションサロンも整骨院もそうですが、都心部にはかなりの数の店舗があります。

新規のお店もたくさんオープンしますし、その逆に閉店したり、オーナーや名前、業態を変えて再オープンするお店もたくさんあります。

本当に数え切れないほどお店がありますので、

働くセラピストは分散されます。

みなさん、それなりに自分に都合のいい条件(通いやすさ、など)のお店にたどり着きますので、

求人を出しても応募がない、ということも多々あります。

 

人手不足の原因⑵働きやすさ

やはりみなさん、働きやすいところで働きたいですよね。

完全に自分の都合のいい職場なんて、どんな業界においてもないと思いますが、

少しでも快適な環境で働く、というのは仕事を続けていく上で大事なことです。

例えば、面接で言われた条件と実際の条件が違った、とか、長く続けられない環境だった、などがあれば続けていくことができません。

以前、リラクゼーション業界の実は④<離職率> - セラピストの日常で書いたように、

リラクゼーション業界から離れていくセラピストというのは相当数います。

身体を使う仕事ですので、思った以上に大変だったり、生活ができないような給料のお店もたくさんあります。

これは整骨院も含め、リラクゼーション業界全体としての問題で、なかなか一人で解決できる問題ではありません。

価格競争もありますし、店舗が多いこともありますが、お客様もスタッフも取り合いの状態が続いています。

その中でお店も生き残りをかけて、スタッフが働く条件を厳しくしてしまっているところも多くあります。

これでは悪循環ですよね(^^;;

この人手不足はなかなか解消できないな、と実感しています。

 

リラクゼーションサロンを続けていくには

悲しいことに、人手不足で働く人もいない、売上も落ちる、ということで、閉店するお店はたくさんあります。

逃したお客様はなかなか帰ってきてはくれません。

また、求人をかけても応募がないお店だと、スタッフの数も今後見込めないでしょう。

そうであるならば、既存のスタッフを大切にし(働きやすい職場にする)、来ていただけるお客様も通いやすくなるよう大切にするお店にするべきだと思います。

多くのベッドを置いて、単価を下げ過ぎてしまうのは、やはりかなりの負担だと思います。
それだけ多くのスタッフを雇わなければいけないし、お客様もたくさん呼び込まなければお店はやっていけません。
少しでも綻びがあると、スタッフに負担をかけるか、赤字を出しつづけるしかありません。

 

人が集まるところ、とどまるところにはスタッフもお客様も自然と集まって来ます。

最終的にはオーナーのお店に対する哲学、経営方針や働くスタッフの気持ちが一番大事ではないかと思います。

逆に言えば、セラピストはどこのお店でもほぼ即戦力になれます。

これが良いことか悪いことかは人それぞれだと思いますが、自身の成長にも繋がると思います。

経験して全く無駄なことはないと私は思いますが、絶対に無理は禁物ですので、最良の判断をしてお勤めくださいね^ ^

 

月と六ペンス

http://tsukito6pens.jimdo.com/

 

3万アクセス、ありがとうございます!

いつも記事をお読みいただき、誠にありがとうございます^ ^

気がつけば、3万アクセスを超えておりました!

私の拙い文章ですが、たくさんの方にお読みいただいているようで、本当に嬉しい限りです^ ^

誠にありがとうございます。

いつも長々と記事を書いてしまって、読みづらい方もたくさんいらっしゃるかと思います(^^;;

申し訳ございません……。

でも書きたいことがたくさんあるんです(^^;;笑

なかなか更新できませんが、また近々更新させていただきますね^ ^

 

今後ともよろしくお願い致します^ ^

 

月と六ペンス

http://tsukito6pens.jimdo.com/

セラピストは手が命!

いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます^_^

セラピストにとって、商売道具とも言える「手」について今回はお話ししたいと思います。

 

手荒れや手の傷などは厳禁

お客様のお身体に、手を使って施術をする、という仕事内容です。

特にアロマトリートメントなどでは、手が直接お客様の肌に触れます。

ですので、衛生の関係上、手の傷や火傷などは厳禁です。

施術に使うような部分に傷があったり、怪我をしてしまうと、施術自体が出来なくなることがあります。

(指や腕に怪我をしてしまうと、痛くて施術どころではありません^^;)

腱鞘炎なども気をつけなければなりませんね。

骨折なんて以ての外です。

指以外にも腕全体で体重を支えるので、その他手から腕にかけての怪我などは注意しなければなりません。

また、手荒れやささくれなど、意外とお客様にとっては不快指数が高くなります。

手に傷があるからと言って、絆創膏などを貼っていても、施術中に剥がれたり、めくれたりするとそれもお客様にとっては不快です。

なかなか難しいですが、手の管理というものはとても大事です。

かなり厳格に手の管理をされている方だと、

・包丁は使わない

・水仕事をするときには必ずゴム手袋

・高品質のハンドクリームを使う

をはじめとして、ありとあらゆるケアをされている方もいらっしゃいました。

ここまでは難しくとも、少なくとも手のケアにはとても気を配らなくてはいけません。

もちろん爪も同様です。

指を立てることもありますので、爪はかなり短めに整えなければなりません。

そのような理由からジェルネイルなどのネイルをされているセラピストはあまりいらっしゃいません。

(私が接したセラピストの方々は、9割9分自爪で、ネイルをされていませんでした。

されている方でもストーンなし(取れる可能性が高いので)、施術前にはヤスリで長さを短くしていました^^;)

マニキュアも施術中に結構剥がれますので、仕事中はあまりされない方が良いかもしれませんね^^;

自爪が弱い方などは強化のためにジェルネイルや透明のマニキュアをされても問題ないかとは思いますが、長さはあまり出せませんし、ストーンなどもあまり乗せられないかと思います。

お店によっては注意されてしまうことも考えられますので、ご注意ください。

 

お店のオイルやクリームなどにも注意!

意外と多いのが、「お店で使っているオイルやクリームで手荒れやアレルギーがひどくなった」というケースです。

現状ではどのお店も価格競争や経費削減、売上の減少などの問題に直面しています。

どうしても、質の悪いオイルや安いオイルを使わなければいけない、というお店もあります。

また、どんなに品質が良いオイルでも、中には手荒れやアレルギー反応が出やすいオイルもあります。

お客様には問題が起こらなくても、一日に何時間もそのオイルやクリームに触れ、それがほぼ毎日続くようなセラピストは注意が必要です。

ひどくなると、お客様にも不快な思いをさせてしまうかもしれませんし、セラピスト自身が施術するのが嫌になってきてしまいます。

手荒れがひどくなった場合や、湿疹がひどくなった場合などは無理せず、病院などで治療を受けてください!

またアロマトリートメントのコースの施術に入らない、というのも一つの手です。

無理せず早めに必ずお店に伝えるようにしましょう。

ドクターストップを受けたセラピストをたくさん見てきました。

無理をすると日常生活にも支障が出てきますので、軽く見ないようにしてください。

 

その他、体の怪我には要注意!

手以外にも、腰や足など怪我には要注意です。

体を使う仕事ですので、体重がかかる部分に怪我をしてしまうと施術出来なくなります。

私は過去に捻挫をしたことがあるのですが、

患部に負担がかからないようにどんなに施術に工夫をしても、帰る頃にはより酷くなって、階段を一段降りるだけで激痛が走るようになりました^^;

 

アスリート並みに危険を避けるのは大袈裟かもれませんが、

体を使う仕事に怪我は厳禁ですし、お客様の身体に直接触れる部分のケアは何よりも入念に行なわなければなりません。

皆様もご注意を!

 

月と六ペンス

http://tsukito6pens.jimdo.com/

「セラピスト」って何ぞや?

いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます^ ^
今回は根本的に「セラピスト」という職業について掘り下げて考えて行きたいと思います。

「セラピスト」という言葉、何だか漠然としていませんか?
外来語ですので、余計にどんな職業なのか聞いただけではよくわかりませんよね^^;
私もセラピストとして従事していますが、友人など周りの人に説明するときに伝わりづらいなーと思うことがあります。
何気なく使っているけれど、何だか曖昧な言葉だなーと思ったりしています。

「セラピスト」という言葉

「セラピスト」という言葉は、「セラピー(therapy)」から派生した言葉です。
「セラピー(therapy)」とは、「治療」を意味する英語です。
ですので、日本語に直訳すると「治療家」となります。
意訳をすれば「癒す人」と言えるかと思いますが(全く「癒し」という意味がないわけではないと思いますが)、海外のニュアンスで言うと「手術などを行わないような療法を行なう人」と言った感じでしょうか?

日本での「セラピスト」

日本において治療を行うことが出来るのは、医療従事者のみとなります。(法律上)
ですので「治療」という言葉は医療従事者以外使うことができません。
(治る、治す、矯正などの言葉はリラクゼーションではご法度です。)
そのような点と、
「リラクゼーション」と呼ばれるようなお店が誕生したり、
アロマセラピー」が本格的に日本でブームになったり、
と言った点から、「セラピスト」という言葉が日本語に訳されずにあてがわれるようになったのかな?と思います。
(日本語に訳すのが難しい外来語をそのまま取り入れることが出来る日本語は、とても便利ですが、意味を考えていくと何のことかわからなくなってしまうこともありますよね^^;)
特に「アロマセラピー」が本格的に日本でブームになったことで、セラピーという言葉が耳馴染みになってきたことは大きいように思います。
(もちろん正確なことはわかりませんが。)
今では「リラクゼーションセラピスト」という職業が正式に認可されるまでになりました。
「リラクゼーション」という言葉も相まって、日本では「癒し」という意味合いが強いように思います。
「癒し」って何だか漠然としていますよね^^;
「疲れを癒す」と言った感じですかね?
温泉とかのイメージでしょうか?笑
よくよく考えても、漠然としている気がします。笑
私も「癒すって結局どういうことなんだろう?」と考えたりもします。
難しいところです^^;

たくさんある「セラピスト」

先ほど書いたように、本当に漠然とした範囲をさす、日本の「セラピスト」という言葉。
もちろん、「セラピー」というのは、リラクゼーションのようなお客様の身体に直接施しをするものだけを指す言葉ではありません。
元来は治療を指す言葉ですので、本当に色んなセラピーが存在します。
一例を挙げますと……

  • ボディケアセラピスト(もみほぐしなどのセラピスト)
  • アロマセラピスト(アロマセラピー、アロマトリートメントを行なうセラピスト)
  • カラーセラピスト
  • アートセラピスト

などなど……。
調べただけでもたくさんあってびっくりしました(O_O)
身体や心を癒す職業の方々をセラピストとお呼びし、細かな分類を「セラピスト」の前につけると言った感じでしょうか。
これからもどんどんセラピストの種類が増えそうな気がしますね。
でも一般的に言えば、今や「セラピスト」単体ではリラクゼーションで働く人を指すような気もしますが、どうなんでしょうね?

今回は掘り下げて考えると冒頭に書きましたが、結局明確な答えは出ませんでした。笑
「リラクゼーション」という言葉も私自身ではあまりしっくりきていないのですが、
「セラピスト」という言葉も何だか漠然としていて、他に良い言葉、的確な言葉がないかなー?なんて思ったりします^^;
私だけでしょうか?

月と六ペンス
http://tsukito6pens.jimdo.com

セラピストを続けていく上で大事なこと

いつもお読みいただき、誠にありがとうございます^ ^

今回は「セラピストを続けていく上で大事なこと」を私目線ですが書いていきたいと思います。

 

私事ですが、今年でセラピストという職業に従事し、5年目を迎えました。

初めてスクールに通い始めたのは、もう10年以上も前になります。

5年を長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれではありますが、お客様にお伝えすると「ベテランですね。」と言われることが多くあります。

もっと長く続けられている方にしてみれば5年なんぞはひよっこですが笑、お客様の感覚では「長い」ようです。

なぜかといえば、やはり入れ替わりが激しい業界というのをお客様がご存知だからです。

「お気に入りの人が居たのに、みんな少しすると辞めてしまう」と本当に多くの方が仰ってます^^;

 辞めてしまう理由は、以前のエントリー(リラクゼーション業界の実は④<離職率> - セラピストの日常)でも書かせていただいた通りですが、セラピストという仕事自体を辞めてしまう方もかなりの数でいらっしゃいます。

それぞれで理由は様々ですが、業界の現状として長く続けていくのが少し難しいというのが実情です。

その中で、どのようにして長く続けていくか、というのはとても重要なポイントです。

以下、私が大事にしていることです^ ^

 

1.自分のケアが一番重要。

これが何よりも大事です。

「心身のケア」というサービスを提供するセラピストは、自分のことは横に置いておいてお客様に尽くしてしまうことが多々あります。

もちろんそれは大事なことですが、それでご自身の心身の状態が悪くなってしまっては全く意味がありません。

ご自身がお客様の立場で、体調が悪いセラピストや心の状態が芳しくないセラピストにケアしていただきたいと思うかどうか、と一度考えてみてはいかがでしょうか。

少なくとも私は、そのような状態のセラピストに無理をしていただきたくない、と感じます。

私もこの業界に入り、頑張り過ぎてしまい、大きく体調を崩してしまうことが何度かありました。

お客様の前では気丈に振る舞って居ても、分かる方には伝わってしまいます。

その時はよく「体調悪そうだね。大丈夫?」とケアに来ていただいたお客様に逆にご心配をかけてしまいました。

このような状態になってしまうことが一番ダメだと思います。

このような状態になってしまうと、セラピストという仕事を続けることが苦になって来ます。

ご自身が無理してシフトを入れていないか、予約を無理して入れていないか、今のご自身の体や心の状態は良好かどうか、など、常に自分の心身の状態に気を配ることが一番重要です。

そして、自分なりの対処法を必ず見つけることが大事です。

必ず誰にでも限界はあります。

限界を知ること、我慢せずに周りに伝えることなどが重要です。

お店やお客様に迷惑をかけたくない、お給料に響く、という問題もありますが、健康であれば取り戻せます。

セラピストを長く続けていきたいのであればなおさら、無理は禁物です。

まずは自分のことを大事にしてあげてください。

 

2.自分のブレない「芯」を持ち続けること

どんなお仕事でも一緒かと思いますが、

セラピストとしての「芯」は変えてはいけないと思います。

働く期間が長くなっていくと、初心を忘れてしまいますよね。

もちろん現場を知り、考え方を柔軟に変えていかなければならないこと、合わせていかなければならないことはたくさんあります。

理想だけではどんな仕事も続けてはいけません。

しかしセラピスト個人として大事にしたいことや、お客様に対する姿勢や理念はしっかりとお持ちになっていた方が、お客様の信頼に繋がると思います。

その部分がブレてしまうと、この仕事を続けていく意味が失われていきます。

キャリアや環境とともにご自身が求めるものや理想は変わっていくと思いますが、根本的な「想い」や「考え」を変える必要はないと思います。

 

3.勉強を怠らないこと

セラピストという仕事は、いわば「専門職」であり「技術職」です。

国家資格は必要なくとも、お客様の身体に直接アプローチしていくという仕事ですので、身体に関することや病気・怪我に関することを最低限知っておく必要があります。

(技術だけあれば出来てしまうお仕事でもありますが、私の考えとしては最低限知っておかなければ施術するのが怖いと思ってしまいます。)

そして身体や健康に関わる研究や情報は絶えず新しくなっていきます。

一昔前の考え方では現代のお客様の身体に対応していくことが難しくなっていきます。

また、世界中には様々なトリートメント方法があります。

マッサージの方法一つにしても、多種多様。

アプローチ方法もそれぞれ違いますし、考え方も違います。

どれが正しい方法や考え方だ、というものではなく、自身の幅を広げていくことはとても重要だと思います。

知識や技術の幅が広がることで、対応できるお客様の幅にも広がりが出来てきます。

またご自身に合った方法や知識を身につけることで、仕事が良い意味で楽になってくると思います。

 

私自身、まだまだセラピストとしての歩みの途中であり、技術や接客、知識もまだまだですが、この仕事は終わりがないお仕事だと思います。

そういう意味ではとてもやりがいのあるお仕事だと感じています。

日々成長^ ^

私自身、長くセラピストを続けていられるよう努力していきたいと思います!

 

月と六ペンス

http://tsukito6pens.jimdo.com/